parts_3.png

Interview

先輩社員へのインタビュー

parts_3.png

製造部

成尾 鐘二

Naruo Shoji

2014年入社

最初から完成まで1人で組み立てる。

完成した時の喜びは、何ものにも代えられません。

現在の仕事内容は?

畳の製造機を組み立てていく仕事です。仕様書を見ながら、配線からはじまって、細かい部分を順に組み上げていき、形にしていきます。作業は、全工程を一人で組み上げます。ただネジで留めるだけでできるものではなく、部品の微妙なひずみなどを調整し、高さや位置の誤差が出ないように慎重に作業を進めていきます。分からないところは、先輩スタッフに聞きながら確実に組み立てます。完成後は作動テストを行って、お客様の元に届けられます。

この仕事のやりがいは?

大きな工場のような流れ作業ではなく、最初から完成に至るまで自分1人で組み立てることは想像以上に大変ですし、責任やプレッシャーもかかります。しかし、完成した時の達成感、喜びは何ものにも代えられません。さまざまな畳の製造機、福祉機器の組み立てに携わることができ、組み立て方法も自分なりに工夫して、より効率の良いやり方を考え、改善いくことができます。

入社したきっかけは?

10年ほど自動車の組み立ての仕事をし、その後、品質管理の部署に異動となりました。しかし、やはり組み立ての仕事をしたいと考えて探したところ、畳の製造機を作っているこの会社に出会いました。機械の組み立ては、海外の工場で行われることが多く、国内ではなかなか見つかりません。しかも畳の製造機があるということをはじめて認識し、ここなら今までの知識と技術を活かせるかもしれないと思いました。

“東海機器”らしさとは何ですか?

組み立ての仕事に「これで終わり」というゴールはありません。つねに改善策を追究していかなければなりません。組み立て作業を行うにあたって改善点が見つかれば、すぐに上司に伝え、テストし、コスト的にも問題がなければ、仕様書に反映する。その一連の流れがスムーズに行えるフットワークの良さがあります。